NEWS

2021-05-21
環の市 vol.22

環の市vol.22ヤフライヤ

3ヶ月に一度の環の市。
今回も会場は石川奈都子写真事務所。
そして環の市に併せてベジサラ市が始まります!
西陣散策がてら2会場を巡っていただけると嬉しいです。
当日は、どうぞみなさま体調万全で、
お互いに気持ちよく過ごせるよう譲り合いながら楽しんでいただけますよう。

環の市 vol.22 
日程:2021年6月8日(火曜日)
時間:11:00-16:00
場所:石川奈都子写真事務所/坂井隆夫建築事務所
京都市上京区紋屋町323
最寄り:京都市バス堀川今出川より徒歩5分

料理教室Nam Bo 高谷亜由(ベトナムの軽食)予約優先
日音色(季節野菜のお弁当*予約優先とビーガン&グルテンフリーのお菓子)
undertree(米粉のお菓子など)
Wild Salmon Sasaki (天然鮭のろいろ、ホットサンド)
にほんちゃギャラリーおかむら(毎日の日本茶)
Sua (からだを開く季節のセラピー)
みるまに(刺繍と数秘とタロットカード)
おくり屋(バームやハーブウォーターで日々のケアを)

ベジサラ市 vol.1
日程:2021年6月8日(火曜日)
時間:11:00-16:00  
場所:ベジサラ舎
京都市上京区西社町179
最寄り:京都市バス堀川鞍馬口より徒歩9分
(二ヶ所は徒歩8分の距離です)

ベジサラ舎
(すこやか野菜、調味料、サンドイッチ、焼き菓子など)
*カフェ通常営業はお休み
おやつaoi(懐かしいおやつ)
odo(ヘアターバンなど)
mao ochi (embroidery/accessory) 
*aoiさんのスペシャルな講座はすでに満員御礼です


2020-12-02
環の市 vol.20 開催します

12月8日火曜日
11時〜16時
<場所>
A)ベジサラ舎 京都市上京区西社町179
B)石川奈都子写真事務所 京都市上京区紋屋町323
(徒歩8分の距離です)

3ヶ月に一度の環の市。
今回も開催できます奇跡に感謝しかありません。顔の見える間柄でお互いの得意なものを持ち寄り、交換して暮らしていける社会があれば、と始めて六年になります。
今、あたらしい暮らしの在り方を模索しつつできる事。
今回は、西陣紋屋町にある三上家の路地内、石川奈都子写真事務所と、
ベジサラ舎さんの二会場で、穏やかに開催してみようと思います。
飲食スペースはベジサラ舎会場に。
基本、お持ち帰りできるものが中心になります。
持ち帰り用の保冷バックなどご用意下さると良いと思います。
詳しくはInstagram ISHIKAWANatsuko

<場所>
A)ベジサラ舎 京都市上京区西社町179
B)石川奈都子写真事務所 京都市上京区紋屋町323

<出店>
ベジサラ舎(オーガニック野菜、焼き菓子、お野菜が美味しく食べられる調味料など)
Wild Salmon Sasaki (天然鮭のいろいろ、的鯛、サバへしこなど)
にほんちゃギャラリーおかむら(自然栽培、在来種、単一農場・単一農家の茶葉)
ototojet(お刺身など)*準備の都合で12時受付販売スタート
おやつaoi(懐かしい3時のおやつ)

oeuf coffee (自家焙煎珈琲とお菓子)
アンダーツリー(米粉のおやつなど)
Sua (Tibetan Medicine & Beauty)
中村未来子(編み紐と草編み)
Mao Ochi (embroidery/accessory)
一網打尽(ジビエジャーキー・鹿の角(愛犬おもちゃ))
など


2020-07-30
「クラシカルホメオパシー基本三回講座」開催のお知らせなど。

あたらしい扉
開きましょう✨

クラシカルホメオパシー
基本3回講座
セルフケアを中心とした
初心者の方への入門編
開催日程がようやく決定しました✨✨

***************************************************************************
クラシカルホメオパシー基本講座
初回7月27日月曜日
2回目8月5日水曜日
3回目8月27日木曜日
全て時間は10時半スタート
(13時頃終了予定)
*10時過ぎから入場可
3回講座費用とテキスト冊子付で1万円
*各講座一回毎の参加も可能です
*ご都合合わなくなった方はCHK(クラシカルホメオパシー京都)にて開催されている講座に代わりに参加も可能です。ご確認下さい。
*お茶代(場所代)として別途500円頂戴いたします。お茶は環の市主宰の石川奈都子が担当いたします🙏

会場は堀川上立売東
新しくリニューアルされた大きな町家
「草と本」一階
(ご参加くださる方にご住所お送りします)

最寄りは
市バス堀川上立売 から徒歩3分です。

***************************************************************************
今回、久しぶりに
クラシカルホメオパシー基本講座の開催を企画しました。
ずっと、もっと日本のたくさんの方に知ってほしい、困ったときの選択肢としてごく普通に、みんなが選べるくらいに当たり前になってほしいと思ってきました。

それは、
実際に自分の息子が2歳で、いわゆる西洋医学でいう難病枠の病気(アレルギー性紫斑病の中でも重篤なタイプ)を発症し、アレルギー体質の関係で漢方も使えず、どんどん酷くなる状態を目の当たりにしました。

突然の激痛(波があります。マシなときは別人のようにおしゃべりしてくれる。けど痛みがくると丸まって耐えるしかないという状態)で水も飲めなくなり、脱水状態で入院して点滴。
原因がわからないから薬が出せない、痛みでもがき苦しむ2歳児に、痛み止めとしてステロイドを処方。点滴から直接血液に入れる。
今考えるとゾッとします。でもそれしか方法がなかった。
痛みがマシになってきて、よくなったように見えて、退院すると数週間でまた激痛がやってくる、というサイクル。
その期間がだんだん短くなり、毎晩のように救急で日赤に駆け込むという日々。

どうにもできず出口のない日々に友人が自分も運命変わったからと紹介してくれたホメオパスの方の処方によって、驚くほどの効果を目の当たりにして劇的に回復した、という体験があります。
それは簡単なことではなくて、夜中に激痛がきたら、レメディをとって様子を見る。もがき苦しんでいるけれど飲む前より痛みが柔らいでいるのではないか、また痛む間隔があいてきているのではないか、ということを注意深く観察する。本人の治癒力を信じる。それを促すホメオパスも生きた心地がしないでしょう。確信がなければそんな対処を勧められない。でもそれで、我が家の場合はだんだん良くなっていったんです。
西洋医学も必要な時はあると思います。
でも薬で治るのではない。薬は補助であって治るのは本人の治癒力なのです。
だからこの時も、辛いけれど日々徐々に治癒力が回復していく過程でした。
だんだんと痛む頻度が減っていき、
だんだんと痛みのレベルも下がっていきました。

元はと言えば乳児湿疹のときに塗り込んでいた薬(また予防接種も同じかなと感じています)が影響して、不要なものを外に出そうとする体の治癒力を抑え込んでしまった。そこで皮膚からより重篤な、内部の深刻な病気に増大していく、、ことで発症したと思われる病気です。
そんな考え方は今まで誰にも教えてもらわなかった。

もしも我が子が、大切な人が、そのようにどうにもならない状況になったとき、もしかしたら一筋の光の様に有用な手段かもしれないということを
どうしようもない状況の時に思い出せる人が少しでも多くなる様に。
またそれ以前に、そこまで重篤な状況になる前に、暮らし方を見つめ直すきっかけになればと思っています。

人はほとんどの能力を眠らせている、またまだまだまだ解明されていない可能性があるということに、私は昔からとても興味がありました。
世の中の、目に見えない、科学的には証明されていないことの可能性について、1つのあたらしい扉なのでは?という気がして、このクラシカルホメオパシーのセルフケア講座を学び始めました。

まだまだ日本ではこの業界が未熟である状況ゆえ、
いろんなレベルのホメオパスの方がいることでしょう。
どのホメオパスに診てもらってもいい、とは思いません。
相性もあるでしょうし。
だから全体が高まって欲しい。
私の知る素晴らしいホメオパスの方が一人で診られる人数は、その作業の奥深さ、調べる資料の多さからしてそう多くはないと思います。
もっと日本中に増えて欲しい。

私がホメオパスになれる気は全くしません。
私がしてもらったことを、できる気がしないから。
でもクラシカルホメオパシーというものをどんなものか知って、
その視点を暮らしに生かす、ということが、
日々の暮らしを確実に違うものにする、という実感があります。
それを伝えたい。
レメディだけが効果があるのではなくて
それはお母さんのおむすびが良いのかもしれないし、
ふとした時にそよぐ風が必要なのかもしれない。
海や川や湖に体を浸すこと。
砂浜に身をうずめること。
森を歩くこと。
自然に触れる。共に暮らす。
私の、クラシカルホメオパシー的視点と暮らしは、そこに繋がっています。

そう。
コロナのある暮らしから、私はそれに気づきました。

コロナが悪いのではない。
コロナに掛かる免疫力の低さが問題なのだと。
罹病性を下げること。つまり免疫力を上げること。
それはどういう暮らしなのか。
今の一般的な価値観はどうなのか。

だから今、
やっぱり私はクラシカルホメオパシーの基本三回講座を企画したいと思いました。

基本で知れることは本当に多すぎて、わかりません。
わかることができないと思います。
わからないことの多さに気づくこともできないと思います。
私がそうでした。
だから、この三回講座でわかった様な気になってレメディを多用することは慎重になって欲しい。。
多用ってどのくらい?
薬を多用する必要があるのは、副作用の軽減と、その薬を選ぶ基準が全体ではなく部分からであることに関係があり、それ自体問題でもあると思います。
プラクティカルホメオパシーと違って、
クラシカルホメオパシーの考え方は、一粒で最大の効果、という前提があります。
部分ではなく、全体を診るというのはホメオパシー共通の視点かと。
だからきちんと選べば多用せずに効果を見ることができる場合が多いです。

多用するにはかなりの想像力と影響性についての多角的な思考が必要だと思います。
だから複雑な、簡単ではない長い年月の中で育んでしまった病気や体質については、初心者の出る幕はなく、優秀なホメオパスに診てもらうことが何よりもの近道だと痛感しています。

だけど、それでも、
知っておいたほうがいい。
いざという時に役に立つ、
クラシカルホメオパシーとの出逢いや、そこからのご縁、仲間の存在。

だから集まって講座をしたい。
だけど一般的にオープンにするにはコロナのこともあって心配だから
この記事を書く前に私の内輪で募集をして定員になりました。

こういう講座を、開いてくださる荻野哲哉先生千惠美先生ご夫妻に、感謝しかありません。裾野を広げるため、と活動をしてくださっていることが本当にありがたいです。
荻野先生ご夫妻はクラシカルホメオパシー京都というスクールの主要講師であられ今もたくさんのホメオパスを世の中に輩出されている先生であり、哲哉先生ご本人もクラシカルホメオパシーで重篤な病を回復され、生き直しに成功された体験者でもあります。

今はzoomで日本各地の生徒さんと講座を開催されているそうですが
またこの基本講座も、各地で広まるといいなと願うばかりです。

私が主宰している「環の市」(かんのいち)と同じく、
たくさんの方に来ていただくにも限界があります。

小さな
信じられる集まりを
日本の各地で
開催されること。
それこそが何より嬉しい。

ご興味ある方は、
CHK(クラシカルホメオパシー京都)のホームページをご覧ください。
上記の文章に関する質問は時間の関係上お返事できかねると思います、書いておいてすいません。ご了承いただけましたら幸いです。

またセルフケア中級編や、入門編6回講座も企画できればいいなと思っています。
私は3回講座6回講座ともに、2,3回受けています。
何度受けても学びがあります。
CHKでも講座は開催されています。

良いご縁が繋がりますように。
私の長男がお世話になっているのは
クラシカルホメオパシーチェリッシュ栗乃マロン先生です。京都在住です。
(CHKの卒業生の方です)


クラシカルホメオパシーについて
あまりにも情報が少なく
また今、必要を感じない方にはよく思われないことがあるそうなので(私もそうだったかもしれない)
盲目にこれだけに夢中なわけでも暇なわけでも営利目的でもない、写真業の私が主催することについて、書いてみました。

他に
アレクサンダーテクニークや操体、こんにゃく湿布関係にも興味があり、今後開催してみたいワークです。
食べることにはもう意識が高まってきているから、もっと他のことを積極的にシェアしたくなってきているのかも?
それもこれも
環の市に関係してくださっている、うつくしい感度の仲間のおかげさまです。
出産後の私に訪れた、あたらしい日々と出逢いに
いつも感謝でございます。。

(あー久々に記事更新でした。汗)

#入門編とはいえ私は3回目
#何年も初心者コース学んでまだまだ学びがあります🙏
#奥が深いワー
#ホメオパシー的視点と暮らし
#私の伝えたいテーマ
#とても広い町家です
#だけど距離感取って広々開催🙏
#コロナ感染拡大防止の為
#環の市にお越し頂いた方や私の友人知人を中心に既に10名ほどの参加が決まっています🙏
#CHKでも講座は開催されています
#子連れ参加OK
#環の市preasants
#クラシカルホメオパシー基本講座
#欧州ではご家庭での健康管理に広く利用されている自然療法です
#欧州では最も伝統のある自然療法のひとつです
#イギリスには国立の病院があるほど
#スイスも2016年にはホメオパシー療法に保険適用
#日本ではまだまだ知られていません
#我が子の難病が奇跡的に回復しその効果を目の当たりにしました🙏
#石川奈都子企画運営
#ボランティア活動
#石川奈都子写真事務所
#クラシカルホメオパシー財団を立ち上げたい
#あたらしい扉開きましょう✨
#今だからこそ
#裾野を広げる
#このご縁に感謝
#2020年7月末日々の考察

20200727講座会場
クラシカルホメオパシーの教材とレメディ、友人のフランス人がフランスの薬局で買ってきてくれたレメディ。(フランスでは薬局で西洋医学の薬かレメディか選べる)
小上がりになっている座敷。3間あり広々とした講座メイン会場。
講座会場玄関の間
キッチンがありお茶や白湯を出します。2回目から青おにぎりさんの宅配がスタート。
会場は、あたらしくオープンしたばかりの「草と本」。イラストレーターさんのアトリエ兼フリールーム。宿泊施設もあります。

2020-02-24
住人十色放映

先日、「住人十色」(MBS関西ローカル番組)が放映になりました。

年明けにインタビューロケハンを含む3日間西陣へお越しいただいて、みっちり撮影戴きました。
繁忙期に重なって私はヘロヘロ思考停止状態での出演でしたが
素敵な撮影チームの皆さんととても興味深い時間をご一緒させていただき楽しかったです。。

おかげさまでとても良い思い出になりました。
ご協力いただきました皆さまありがとうございました。。

29日16:59までは見逃し配信で観れるそうです。
テレビのない我が家でも観ることができました。

https://tver.jp/episode/68740129

改めて住まいを見直すと
未来ちゃんの草編みや日服アブリコNOパンツ、anakioaのシャツ、樹月釜のうつわ、ポチテックの木のお皿、ギャラリーやなせの漆器、ベジサラ舎のお野菜、久美さんレシピのがんもどき、ちささんレシピの牛蒡の養老煮、近又料理本のかぶとおあげの炊いたん、knotさんのソファ、お仕事させていただいた書籍や雑誌の数々、お向かいの陶芸家の生駒ちゃん、書家川尾朋ちゃんの書の作品、出産祝いで頂いた子供用椅子、ピースフラッグの青い旗、福ちゃんの農業政策チラシ、環の市の皆さんとの時間や風景も。
染み込んで今の我が家があるなあとしみじみ。
おかげさまでありがたいことです。。。
いつも皆さまありがとうございます。
3月8日の環の市もまた、
細々と小さく、でも確かな繋がりをたいせつに、開催させていただきます。
こう言う小さなマルシェが日本各地で増えて母や子もみんなでひとつの健やかな暮らしがこれからも育まれていきますように。

改築を担当した夫の建築事務所のWEBはこちら。
お問い合わせはお気軽にどうぞ
坂井隆夫一級建築設計事務所
http://sakaitakao.com/works.html


2019-10-24
環の市 vol.16 あたらしい冬

肌寒くなってきました。
冬の環の市、また素晴らしい方々とのご縁で開催させていただきます。

今回は初の試み、ワインとシャケを楽しんでいただくスペースがあります。
どうぞお楽しみに。

お気に入りをたくさん持ってきていただきます。素晴らしい時間をみなさまと。お待ちしています。

日程:2019年12月8日(日曜日)
時間:11:00-16:00  
(*時間延長するかも!またお知らせします)
場所:坂井隆夫建築設計事務所+石川奈都子写真事務所 
京都市上京区紋屋町323

出店参加予定:
Anakioa (こども服とオトナ服)
under tree(すこやかなおやつ)
oeuf coffee (自家焙煎珈琲とお菓子)
eau winestand (ナチュールワインスタンド)
からだの日<「Sua × maka × yugue 」の3人によるからだに馴染むセラピー・お茶・植物の芳香浴・おやつ。>
桃草舎(南インドベジミールス)*予約優先
にほんちゃギャラリーおかむら(自然栽培、在来種、単一農場、単一品種の茶葉。試飲ぜひ)
ベジサラ舎(オーガニック野菜など)
Wild Salmon Sasaki (天然鮭のいろいろ、サーモンホットサンド)
*気候などにより内容は変更することがあります。
*今回は久々の日曜日開催!
周辺は住宅地で駐輪スペースが確保できません。
公共交通機関でのご来場のご協力をお願いいたします。

「顔の見える間柄でお互いの得意なものを持ち寄り交換して暮らして行ける世界があるといいなという思いで始めました。」


2019-02-28
選佛寺うむ。2019開催決定速報。

2019年も京都の禅寺、選佛寺さんにて、うむ。の開催が決定いたしました!
今年もたくさんの素敵な方々が集います。
どうぞみなさまご家族お友達お誘い合わせの上お越しください。
10連休の翌週末ですので楽しむ余力、残しておいてくださいね〜

「うむ」@選佛寺 2019(vol.5)
日程:2018年5月12日(日)
時間:10:00-15:30
入場料:¥500  (中学生以下無料)
場所:臨済宗建長寺派選佛寺 https://umu0411.wordpress.com/2019/04/14/2019年5月12日%E3%80%80うむ開催予定です/

■ Workshop / Live (現在調整中)
10:00  開場
10:30  たのしいヨガ 稲田真弓
11:00  石川奈都子写真館 ≪選佛寺前庭にて記念撮影/石川奈都子
11:30  Live ≪A la sowers
12:30  Live ≪菅大祐 Live≫
14:00  大禅寺根本一徹
15:30  閉場

*石川奈都子写真館  ≪選佛寺内にて記念撮影≫
先着5組様 11:00 ~
*予約受付は直接ご連絡頂くか入場の際にお願いします。
アワガミプリント 八つ切 1枚  ¥9,000-
アワガミプリント 六つ切 1枚  ¥10,000-
(撮影/アワガミプリント1枚/データ1枚入りCDR/送料費含む)

*oeufcoffee(自家焙煎珈琲とお菓子) http://www.oeufcoffee.com/
*Anakioa(こども服とオトナ服など)https://www.instagram.com/anakioa/
*ODO + mao ochi(Tシャツなど)
*おやつや 葵(和菓子)https://www.instagram.com/okashi_aoi/?hl=ja
*からだの日<「Sua × maka × yugue 」の3人によるからだに馴染むセラピー・お茶・植物の芳香浴・おやつ。>
http://sua-suiren.com http://makaherb.tumblr.com
*CANTEEN (インド食堂タルカ×桃草舎) http://www.tososha.com
*樹月窯(南蛮焼締の器や花器など)
*米粉パン睦実(パンと焼き菓子)https://www.instagram.com/itsukigama_mutsumi/
*soso (古道具と雑貨)https://www.instagram.com/sosoyukiko/?hl=ja
*中村未来子(編み紐と草編み)https://www.instagram.com/miku5/?hl=ja
*Pramana∞Kyoto(ボディトリートメント&姿勢改善ボディワーク)http://www.pramanakyoto.com/
*ベジサラ舎(すこやかオーガニック野菜(減農薬も一部有))https://www.instagram.com/vejisara.sha/?hl=ja
*まゆらう(ときめくもの)https://www.instagram.com/mayurau/?hl=ja
*吉田マリモ(新鮮野菜とおいしそうなイス)http://www.marimo-net.jp

#天候等の影響により変更になることがあります。


2019-01-31
環の市 vol.13 あたらしい春

今年も環の市を開催させていただきます。
芽吹く初春、心と身体にときめきを。
みなさんにも楽しい1日になりますよう。

2019年3月8日(金曜日)
11:00-16:00
坂井隆夫建築設計事務所+石川奈都子写真事務所
京都市上京区紋屋町323

移動雑貨屋ヒカリヤ(暮らしの道具とオーガニックな食べもの)https://www.instagram.com/tarteauxpoires/
Anakioa (こども服とオトナ服)https://www.instagram.com/anakioa/?hl=ja
米粉のパンとお菓子 睦実 http://kome-623.jugem.jp/
honeyant (花背の食材も使った麹のお菓子やお料理など)http://honeyant.jp
Pramana∞Kyoto(ボディトリートメント&姿勢改善ボディワーク)https://www.pramanakyoto.com
まゆらう(雑貨)https://www.instagram.com/mayurau/?hl=ja
にほんちゃギャラリーおかむら(日本の無農薬のお茶など。試飲ok)
ベジサラ舎(すこやか野菜)https://www.instagram.com/vejisara.sha/?hl=ja
currykusun(カレーとチャイ)https://www.instagram.com/currykusun/?hl=ja

環の市vol.13フライヤ

地球にもこころにもからだにも優しい暮らし。
顔の見える間柄でお互いの得意なものを交換して暮らしていける世界があれば、という思いで始めました。
感謝と祈りを胸に。ときめく自分を満喫しましょう。


2018-12-27
住む。68号に掲載頂きました。

私のとても好きな雑誌の一つである「住む。」に
主宰する環の市と西陣の暮らしを取り上げて頂きました。

豪華10ページ。
撮影も石川奈都子です。
今回も美しい一冊です。ぜひご覧くださいませ💕
お世話になりましたみなさま、ありがとうございます😊

季刊「住む。」冬号 No.68
12月21日発売
特集「日々の暮らしはこの街で。」
+++++++++++++++++++++
68号 住む。
季刊 冬号
Sumu No.68 Winter 2019
発行 泰文館
発売 農文協
定価 1234円(税込)
実例
紙漉き修業と終の住処。[埼玉県・小川町]
商いと暮らしの同居する町ふたたび。[石川県・七尾]
西陣の路地と小さな集まり。[京都府・西陣]
木彫職人の町で技能と暮らしに触れる。[富山県・井波]
明治生まれの女医が考えた新しい家と生活。[東京都・神楽坂]
地元発
全国7つの身近なマルシェ
+++++++++++++++++++++
集中講座 木の家を、知る。♯10
自然災害と木の家。
+++++++++++++++++++++

今回取材と併せて撮影もお声がけいただいた際に文章も書いてみませんか、と言って頂き、僭越ながら文章も寄稿させていただいております。
写真の入校段取りしか存じ上げず、何度も文章を送っては訂正し、を繰り返してしまい編集長にはお手間をおかけしました。。その最中にこれで行きましょうとタイムアウトになった感じで(苦笑)拙さ満点ですが、脱稿まで微調整なども細々してくださり何とか、生の声が立派な舞台で形になりました。お世話になりました皆様本当にありがとうございました。
写真家業20年、西陣在住歴23年のこの年に、とてもよい記念となりました。

もう少しブラッシュアップすれば省かずに本文に入れることができたんじゃないかという部分に、京都の他のマルシェの紹介文があります。
わざわざ行くのも楽しいけれど、願わくば身近な場所や関係の中に、素敵なマルシェがもっと増えるといいなと、思います。
高知みたいにほとんど毎日各地でマルシェが開催されている、、そういう町には作り手と買い手の繋がりも強くなって感謝する心も自然と高まる気がして。。
これからも環の市を大きくするでもなく確実なファンを増やしつつ、楽しんで続けていけたらいいなと思っています。
***************************************************************************
最近は京都に素敵なマルシェが本当にたくさん増えました。日仏会館のルマルシェ、偶数月28日のあけぼのマルシェ、ピースフラッグの主宰する京都ファーマーズマーケット、京都府庁でのこだわりマルシェ、まるパンユーゲ、年に一度の糺ノ森ワンダーマーケット、京北のツクル森、花背ワンダーマーケット、左京区の五右衛門マルシェ、ムモクテキマルシェ、などなど他にも不定期に素敵なマルシェがたくさん開催されています。
どれもピースフルで、プロフェッショナルなお店ばかり。
***************************************************************************

#石川奈都子写真事務所 
#このご縁に感謝 
#次回環の市は3月8日 
#住む。68号掲載
#環の市のみなさまありがとうございました
#掲載誌次回お会いできる機会にぜひご覧頂きたいです
#坂井隆夫建築設計事務所 
#今回僭越ながら文も寄稿させて頂きました


2018-12-03
環の市 vol.12 感謝とわくわく

環の市 vol.12 感謝とわくわく

2018年12月8日(土曜日)
11:00-16:00
坂井隆夫建築設計事務所+石川奈都子写真事務所
京都市上京区紋屋町323

2018年もありがとうございました。
また素敵なご縁も繋がって
楽しい会の予感。
地球にもこころにもからだにも優しい暮らし。
顔の見える間柄でお互いの得意なものを交換して暮らしていける世界があれば、と思います。
感謝と祈りを胸に。オトナもこどももわくわくから。

Anakioa (こども服とオトナ服)
Mao Ochi (embroidery/accessory)
Magic flour ex.AOW(自家製天然酵母パン)
Nam Bo (野菜たっぷりベトナムごはん)*予約優先 12月2日より予約スタート!
中村未来子(編み紐と草編み)
ODO(編み物など)
okashi_aoi(和菓子)
Pramana∞Kyoto(ボディケア&フェイシャル&開脚システム)
yugue(焼き菓子)
にほんちゃギャラリーおかむら(日本の無農薬のお茶など。試飲ok)