BLOG

2017-05-08
吉田まりも氏の案内する丹後半島の旅。


今年は念願叶って丹後半島の旅へ。

母としては先輩でもある友人、吉田まりも氏は
アーティストであり、デザイナーとしても活躍されています。
とても魅力的なかわいらしいモチーフでユニークなキャラクターを生み出す達人。
以前開催していた建仁寺塔頭での芸術イベントにも毎年力強い作品群でご参加頂いていました。
大人になっても子供心をくすぐられる、愛ある作品ばかりです。

こちらは吉田まりもさんの作品。
地元の土を使い、京丹後市大宮町にある花の森公園内に20年前に常設となりました。

その魅力溢れる感覚のルーツに出逢うべく、丹後のご実家へ。

高速道路が整備され、終点の大宮インターまで市内から1時間半位のところ。
元気な緑と蛙の合唱、この素晴らしい自然。

ふと見ると
ご実家の玄関軒先に天日干しされた美しい赤。天日干し二年ものの唐辛子です。

そして家の奥にはたくさんの畑。
草は取りきらんのよ、という雑草もぼーぼーの畑のお野菜はキラキラ。

感動的に美味しかった、うど もここから。
美しく透き通る爽やかな美味しさが忘れられません。

自家製椎茸も。

裏庭では
キウイ棚にブランコを掛けてうちの息子を乗せてあげよう計画。

みんなのびのびのびのびです。。

翌朝、散歩がてら
昨年の選佛寺「うむ。」本堂マルシェに駆けつけて下さった
つねよし百貨店へ。

店内には端境期の今も山菜がてんこもり。
ひときわ美しい蕨がまた美味しかった。。

午後、
車で30分行けば、透き通る青の世界に感嘆のため息。
カリブ海ですか。

こんな穏やかな日本海、私知らない。。

遠浅で、近くにたくさんの遊具もありこどもは大好きな浜だそうです。
ちょうどウニをたくさん見つけて貝取りに夢中だった様子。

私は次男と二人で砂浜にのんびり。

次回は朝から来て砂浴をしてみたい。

山もあり、海もあり。

食材も自然も豊かな町。
情報が少ない分、直感が冴える気がします。

週末海山暮らし。いいなあ

なんて。
27日の選佛寺「うむ。」では、
丹後半島の豊かな自然の中で育ったお野菜たちと、
吉田まりも女史の作る布野菜が本堂のマルシェに並びます。

こどもさん達が楽しめる仕掛けも、何か考えて下さっているようですのでどうぞお楽しみに!!!

 
帰宅した夜買って帰ったお刺身と蕨と、自家製こんにゃくで一杯。。
ありがたく自然と繋がる食事。

純子さん家や里美ちゃん家、オール丹後のキャンプもいつか。
何から何までお世話になりました吉田まりも女史ご両親にもご兄弟にもみなさんに感謝。


2017-05-08
睦実さんと樹月窯さんへ行ってきました。


滋賀県日野町に工房を構えておられる睦実さんと樹月窯さんへ行ってきました。

大和郡山市で米粉パンのお店をされていた頃取材でお伺いしたご縁から、
そのそこぬけの柔らかく健やかな美味しさに魅了され機会あれば立ち寄っていました。
大好きなキッチンワークのちささんとも通じる、素敵な女性性の中にしっかりした信念を感じる、素敵な方です。
出産直後すぐそばで開催されていた左京ワンダーランドに出店されていた睦実さんのパンを、夫にわざわざ買いに行ってもらった位好きなお店。

移転された先が、先日出産したばかりの旧知の友人の住まいと近そうだ、、という親近感もあり、
同い年のお母さん繋がりでもあり。。嬉しくて
5月27日の選佛寺でのマルシェにお声がけしてみたら、産休明けでぼちぼち復帰しようと思っていたと快諾のご連絡を頂き大感激。

せっかくだったら伺わせて下さい、、と(前置きが長くなってしまいました、、)
先日、とても健やかな午後に工房へ伺いました。


玄関入るともうそこはお店のよう。
ずらずらずら〜っと並ぶうつわや花器の数々に圧倒され気になって仕方ない二人。(私と夫)


そして米粉パンの睦実さんが出して下さったケーキがもう。
はい、、、染み入る美味しさで。
27日の選佛寺「うむ。」での販売が心待ちになりました。。主催だけど私も買わせてくださいっ


本格的なオーブンが置かれたキッチンをちらっと拝見。。
棚に並んだ使い込まれた樹月窯さんのうつわがピカピカと光るようです。
焼き締めのうつわって、使い込まれるとこんなに美しいの?!とびっくり。

ますます欲しくなってしまいました。。



窯焚きの為に一年中薪を割っては準備されているそうです。
今ある薪ではまだ一回分に満たないとか。。すごい量なんですね。

蹴ろくろでひとつひとつ作られる樹月窯さんのうつわは、うすーい柔らかな器とは全然違います。
どっしり、安定感があり、炎と土の力強さが完成されたうつわからも伝わってきます。


急須も気になる。小鉢も気になる。マグカップも。。
ちょうど年に2度だけ行われる窯焚きの一回目が終わって東京の展覧会場へ送り出した直後だったそうで
樹月窯のうつわはまだまだたくさんありました。

近くにできたギャラリーのご縁もありすっかり漆に傾倒していた我が家ですが
ふと気付くと
今の私たちの暮らしに合う気がして。
(割れにくい、重さが離乳食にはちょうどいい、炎を感じることが心地いいなど。。)

少し大きめの花器を見つけて帰れたらと話していた私達ですが、
他にも幾つか。。使い込んでますます美しくなるのを楽しみに使わせて頂くことにしました☆

このご縁に感謝でございます。

5月27日京都の禅寺、選佛寺さんにて開催の「うむ。」本堂のマルシェにておふたりのパンとうつわが御覧頂けます。
ぜひぜひ手にとって見て下さい☆


2017-04-26
吸収の春。

年々、春はのんびりできるようになってきて
今年はそれがとても長いような気がします。

ボーナスタイム。
変換期。デトックスと循環。

和知の森へ行ったり。(展示も季節も、そして和知の山野草の森が最高でした)
パッチワークの麹部に入ったり(発酵ブームが最高潮)
ちくちくスイーツの会に参加させて頂いて、ヘタながらに実は好きだった ちくちくの魅力にどっぷり。
どんぐり問題に出逢えたり。
近くの ちくちくにも参加することに。
野草の会。自然療法の講座。ホメオパシーの講座。
天然染料のお洋服。
プリンツのファーマーズマルシェ。
5月27日に開催の「うむ。選佛寺」内マルシェにご参加くださる方々とお会いしたり。
菜食料理教室に参加。
英語教室の体験。
数秘術に近づく。

もう、あげたらきりがない位に充電しています。ありがたや。
そして不思議なくらいにどれもが繋がっている。。

いろいろなことを循環しつつ、暮らせたらいいなと思う日々。

そして頂いたお仕事は
以前にも増してありがたく、今まで以上にていねいに
大切に撮影させて頂きたいと思う今日この頃です。

何かしらと繋がって下さるみなさまに感謝です。
雨の日もまたよい一日。


Posted in BLOG | No Comments »

2017-04-25
京都のマルシェ

環の市を初めて3年目。
京都でたくさんのマルシェが始まってうれしい。
今はどこに行くより楽しいかもしれない。

ここ最近の興味あるマルシェのメモ。

4月20日 まるぱんユーゲ
4月23日 上賀茂手づくり市(毎月第4日曜日)
4月25日 オモテ市(毎月25日)
4月25日 天神さん(毎月25日)
4月27日5月11日25日 京都ファーマーズマーケット プリンツ(毎月第2第4木曜日)
4月28日 あけぼのマルシェ (偶数月28日開催)
4月30日 岡崎マルシェ(左京ワンダーランド)
5月21日(日)6月24日(土)ルマルシェ アンスティチュ・フランセ関西(毎月一回)
5月27日うむ。選佛寺 (年一回)
5月29.30日 韓国マーケット at.yugue
6月11日 環の市(3,6,9,12月一回開催)


Posted in BLOG | No Comments »

2017-03-22
環の市 2017お披露目の会 おかげさまで盛況にて終了いたしました!


環の市 2017お披露目の会 おかげさまで盛況にて終了いたしました!!
ご来場くださったみなさまありがとうございました!!
    
次回は特別版、選佛寺「うむ。」での開催です。
5月27日(土曜日)
10時〜16時
詳細はwebにてお知らせします!
どうぞお楽しみに☆


2017-03-15
キョウノロジー シンポジウム登壇させていただきました。

キョウノロジー(京の路地)シンポジウム
2017年3月12日(日)

僭越ながら私もスペシャルな路地関連の皆さまに混じって登壇させていただきました。

半年近く前からお声がけくださって、ちょうど出産前後でどうしたものかと迷いましたが、、苦笑
結果素晴らしい方々のお話をお聞きして私も勉強になったり
「路地に住まうこと」を客観的に見つめなおす良い機会となりました。

以前お声がけ頂き引率役をさせていただいた、まいまい京都の以倉さんやあじきのお母さんも同じパネリストでしたのでなんとか緊張せず楽しめたように思います。
路地に興味のある方がけっこうおられるのですね。。
20年以上住んでいるとは我ながらオドロキです。笑

久々に路地住まいを取り上げて頂き、光栄でした!
これも寛大な大家さんのおかげです。

お会い出来ましたみなさま
お越しくださったみなさま、どうもありがとうございました。

*******************************************************************************************************

第一部

⑴  基調講演:髙田 光雄 氏(京都大学大学院教授)「京都の路地とまちの可能性」

⑵ 「大切にしたい京都の路地選」選定結果の発表

第二部 パネルディスカッション

「京都のまちを『路地』から考える」

パネリスト(五十音順)

安食 弘子 氏 あじき路地所有者
以倉 敬之 氏 まいまい京都主宰
石川 奈都子 氏 写真家,路地居住者
西村 孝平 氏 株式会社八清代表取締役

コーディネーター,コメンテーター

コーディネーター
大島 祥子 氏
スーク創生事務所代表

コメンテーター
髙田 光雄 氏
京都大学大学院教授


Posted in BLOG, NEWS | No Comments »

2017-03-03
環の市 2017 (自宅お披露目の会)開催

環の市 2017 (自宅お披露目の会)開催

今年もまた環の市を開催させて頂きます。
ご参加下さる皆さんとのご縁にこころより感謝します☆
どうぞみなさまお楽しみに☆

**********************************************************************************************************************

顔の見える間柄でお互いの得意なものを持ち寄り交換して暮らして行ける世界があるといいなという思いで始めました。

今回はまた会場を戻して、新しく改装した我が家と隣の事務所を開放します。
安心な食べ物やドリンク、ていねいに作られたお野菜や雑貨たち、マッサージにリラックスとリフレッシュ、いつも早々に売り切れてしまう、あの南インドミールスも。少し広くなった会場で楽しいひとときをご一緒できましたら嬉しいです☆
ぜひみなさまのお越しをお待ちしています!
日程:2017年3月4日(土曜日)
時間:11:00-16:00
場所:坂井隆夫建築設計事務所+石川奈都子写真事務所 京都市上京区紋屋町323
出店参加予定:
おくり屋(オーガニックオイルとハーブティ等)
ヒカリヤ(お野菜と手づくりのもの)https://www.instagram.com/tarteauxpoires/
oeuf coffe (自家焙煎珈琲とお菓子) http://www.oeufcoffee.com/
桃草舎 (南インド料理) http://ameblo.jp/momodelic/
Pramana∞Kyoto(ボディケア&フェイシャル)http://www.pramanakyoto.com/
under tree (焼き菓子/米粉ロールケーキ等)
など

*天候等により内容に変更がある場合があります。


2017-02-21
「京の路地(キョウノロジー)シンポジウム」


僭越ながら「京の路地(キョウノロジー)シンポジウム」という会にパネリストとして参加することになりました。
すでに告知をご覧頂い方から見に行くよとご連絡頂いたことも少々。。ありがとうございます。照
限られた時間の中でお役にたてるのか、、ちょっと解りませんが
他に参加される方々はみなさん興味深い方ばかりですのでどうぞお楽しみに。。
参加には事前申し込みが必要のようです。詳細は京都市のwebをご確認ください。

「京の路地(キョウノロジー)シンポジウム」
平成29年3月12日(日曜日) 
午後1時30分開演,午後4時終演予定
ウイングス京都イベントホール(京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262番地)

第一部

⑴  基調講演:髙田 光雄 氏(京都大学大学院教授)「京都の路地とまちの可能性」

⑵ 「大切にしたい京都の路地選」選定結果の発表

第二部 パネルディスカッション

「京都のまちを『路地』から考える」

パネリスト(五十音順)

安食 弘子 氏 あじき路地所有者

以倉 敬之 氏 まいまい京都主宰

石川 奈都子 氏 写真家,路地居住者

西村 孝平 氏 株式会社八清代表取締役

コーディネーター 大島 祥子 氏 スーク創生事務所代表

コメンテーター 髙田 光雄 氏 京都大学大学院教授

Posted in BLOG, NEWS | No Comments »

2017-02-21
友の写真展を見に豊中へ。


今日は岡崎で朝からポートレート撮影。
ゆるゆるとロケハンしつつも期待に緊張感のある撮影。
よいお仕事させて頂き感謝でございます。。

そして
昨日は熊谷直子さんの写真展を観に豊中のギャラリー176へ。
東京でファッションやポートレートの撮影など活躍している16年来の友。
柔らかな視線や行動力、お酒の強さなど(笑)共感する部分も多く、会えると良い刺激をもらえる貴重な存在。
5年ぶりに会った彼女は全然変わらず、というかむしろ健やかに見えていい感じで☆

私が大作(こども2人)を生み出しているここ5年程の間の作品群。
もうすぐ別編集の写真集もできるそうです…。いいなー

懐かしいだけでなく、お互いに感覚が更新していて話足りない位でした。

写真展は3月5日まで。
熊谷直子写真展
シャッターラブ
gallery 176


Posted in BLOG | No Comments »