Author Archive

2018-04-23
ブライダルスナップ撮影について

<ブライダルスナップについて> (2018年版)
1998年より関西を中心に国内外にて
ご結婚式御披露宴などのスナップ撮影をご依頼頂き担当させていただいております。
一生に一度のたいせつな瞬間を撮影させていただけること、とても光栄です。
型にとらわれず、主役のお二人らしい当日の空気や臨場感の伝わる写真集のようなアルバムを作るお手伝いができるよう、細やかに撮影したいと思っております。

たいせつなこと>>
基本的にはお二人を中心に、アルバムを作るイメージで密着スナップ撮影をさせて頂きます。
できる限りお二人のお気持ちに近づいて撮影したいと思っております。
事前にアンケートを含めいろいろお二人が大切にされている事などをお聞かせ頂ければと思います。
(挙式の1時間前からお支度風景や小物等も時間の許す限り撮影します)

オリジナルアルバム仕上げ(納期約2〜3ヶ月)
アルバム用約50カットを含む約200カットを撮影。
全てのお写真はCD-Rとサムネールにてお渡しします。
料金 :お支度から挙式、お披露宴おひらきまで¥130,000-(税別)
*石川奈都子に加え優秀なサブカメラマンと2名体制で撮影

CD-Rにしてお渡し(納期1ヶ月前後)
挙式お開きまで(約2時間半程度)約80カット(アルバム用30カット含む)
料金:50,000円(税別)+交通費(京都市内から往復)
宴お開きまで。(約5時間程度)約110カット(アルバム用50カット含む)
料金:68,000円(税別)+交通費(京都市内から往復)

*撮影許可をきちんと御確認お願いします。 (ホテル等の御支度風景や神社仏閣等、撮影を禁止する所もあります)
*集合写真(記念写真)の撮影につきましては、スナップの流れで撮影可能な範囲内でお願いしています。場所や時間等制約もあるかと思いますので、事前に必ず御相談・御確認下さい。
*記念にホームページにお写真を掲載させて頂く場合がございます。ご了解頂けましたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。
*お支払い方法は、挙式日の一ヶ月前までに下記の口座へお振込下さいますようよろしくお願いします。

*交通機関の不便な地域、遠方、離島、早朝深夜においての交通費は別途請求になります。
*キャンセル料(一日一組のご予約ですのでご了承下さい): 一ヶ月以上前=手数料として全体の5%,2週間以内=全額の30%, 1週間以内=50%, 前日前々日=70%, 当日=全額お支払いとさせて頂いています。

<石川奈都子写真事務所 振込先>
三菱UFJ銀行  阪急梅田北支店 普通預金口座
支店番号:145
口座番号:5237256
口座名義:イシカワナツコ

*撮影当日までの流れ
ウェブサイト等で写真をご覧頂きます。→気に入って頂けたましたら撮影日を御予約。→後程こちらからお渡しするアンケート、この詳細をよく読んで頂き、御注文。→メールやファックス等で御相談。(電話の場合は不在が多いので後程折り返しこちらからお返事いたします。)特別な御依頼や撮影注意事項等はアンケートへ必ず明記下さい。挙式当日より2週間前位迄に御返信お願いします。
*挙式の撮影をさせていただくようになってから20年が経ちました。今までに経験させていただいた数々の挙式やお披露宴撮影の中で色々とご相談に乗れることもあるかと思います。一生に一度の大切な日です。どうぞ何でも御相談下さい。


Posted in BRIDAL | No Comments »

2018-03-26
明石 圓通寺 HP撮影


明石 圓通寺
オフィシャルホームページの撮影を担当させていただきました。
http://entsuji.net

京都 和泉屋旅館に続く、
素晴らしいwebデザイナーと組んでのお仕事楽しかったです。

今回も写真優先で進行する形で
撮影と構成を細かなところまで何度も打ち合わせしまして
おかげさまでご住職の満足いく形にして頂きました。
たくさんの方に見ていただきたい、たいせつな仕事の一つとなりました。

ハグして乾杯したい気分!の仕上がり。
胸いっぱいの感謝です。


Posted in NEWS | No Comments »

2018-03-26
糸六 オフィシャルホームページ公開

京都の老舗糸やさん
糸六
ホームページリニューアルに際し、
撮影を担当させていただきました。

美しい絹糸とはんなりした京都の糸色にうっとりしながらの撮影でした。
ぜひご覧頂いてお店にも足を運んで頂けると嬉しいです。
http://itoroku2525.com


今回は撮影のみならずビジュアル構成やスタイリングなども
糸六さんの魅力を写真に翻訳する作業全般を担当させて頂きました。
かなりの時間、何度もお店に伺わせて頂き、濃ゆい日々でした。

今後の楽しい活動はインスタグラムにて発表されます。
https://www.instagram.com/itoroku2525/
お楽しみに!


Posted in NEWS | No Comments »

2018-03-26
前回大好評だったホメオパシー基本講座の続編が決まりました!(4/10日火曜日開講~)


好評だったホメオパシー基本講座の続編が決まりました!
ホメオパシー基本6回コース(火曜日)(4/10日開講~)
初回は、4月10日(火)から始まります。お子さん連れ、歓迎です。

この日は、ホメオパシーの創始者、ハーネマンの誕生日にあたる記念日です。

4月10日(火) 10:00~13:00   ホメオパシー入門
5月15日(火)10:00~13:00  根本体質レメディ *14日ではなく15日の間違いでした!訂正してお詫び申し上げます。
6月12日(火) 10:00~13:00    怪我のときの対処法
7月10日(火) 10:00~13:00    風邪のときの対処法
8月7日(火) 10:00~13:00   胃腸(神経と関係した)のトラブル時の対処法
9月11日(火) 10:00~13:00    女性生理の問題時の対処法
※全6回ですが、1回毎に参加(お支払いもその都度)もしていただけます。
ご予約は下記へお願いします。
http://www.chk-homeopathy.jp/seminar/selfcare/3864/
講師:クラシカルホメオパシー京都専門コース講師荻野哲也、荻野千恵美など。
参加費:初回:3,000円 2回~6回:3,800円/回
※6回分一括お支払いの場合は、20,000円になります。一括支払いの場合はCHKオリジナルテキスト(通常3500円で販売)付き
※当日現金払い
場所:〒602-8447 京都市上京区紋屋町323 石川奈都子写真事務所
※ランチは講座終了後に自由参加で行います。近所の出前も可。
************************************************
石川 奈都子 (写真家)
〒602-8447 京都市上京区西陣紋屋町323
http://www.ishikawanatsuko.jp

************************************************
〜こころにも身体にも地球にもやさしい暮らし。お互いの得意なものを持ち寄り交換して暮らしていける世界があればいいなという思いで始めました〜
環の市は3.6.9.12月に開催。
次回は2018年6月8日(金曜日)です。
6月2日は選佛寺「うむ」でのマルシェも開催します。

2018-02-14
環の市 vol.9 あたらしい春 のお知らせ


環の市 vol.9 あたらしい春

日程:2018年3月8日 木曜日
時間:11:00 – 16:00
場所:京都市上京区紋屋町323 (石川奈都子写真事務所/坂井隆夫建築設計事務所)地球にもこころにもからだにも優しい暮らし。
素敵な方々とのご縁が繋がって
今回も環の市を開催させていただきます。
愛とエネルギーあふれるひとときになりますよう。
みなさんと分かち合える一日を楽しみにしています。

出店:
Anakioa (こども服とオトナ服)  https://www.facebook.com/anakioa/
oeuf coffe (自家焙煎珈琲とお菓子) http://www.oeufcoffee.com/
桃草舎 (南インド料理) http://www.tososha.com/ (*予約優先)
Pramana∞Kyoto(ボディケア&フェイシャル)http://www.pramanakyoto.com/
米粉のパンとお菓子 睦実 http://kome-623.jugem.jp/
Honey Ant (発酵調味料と発酵食) http://honeyant.exblog.jp/
 からだの日<「Sua × maka × yugue 」の3人によるからだに馴染むセラピー・お茶・植物の芳香浴・おやつ。>

2018-02-07
メディテーションワーク(料理教室森田)へ参加しました。

ワタシの中のサンクチュアリーへ メディテーションワーク(料理教室森田)
参加させていただきました。

先に、こちら側の状態が
私の高熱風邪
次男のヒトメタニューモウイルス
私のヘルペス、扁桃腺と咳
からなんとか回復、
でもいっぱいいっぱいで未だ余裕がない親子二人での参加
ということで
もう少し穏やかな気持ちで望みたかった、けれど
これはそういう毒出しの時期にこそ必要なステップだったのかな、と
時々感じる光と風に希望を感じつつ。

前回に引き続き
自分のサンクチュアリーのお話と
頑張り過ぎちゃうママンへの自分をいたわる糸口としての瞑想の方法と
瞑想は形にとらわれない、湧き出てくる動きを止めない、という新しい発見というか救いの手。。

すぐにとらわれてしまう概念からの解放によって
病も超越するような
花粉症も治ってしまうような

ホメオパシーに固執しすぎてたかな、とか
もう少し垣根を外して大きな世界で感じよう、とか思えたり

宇宙の本質?
命の本質?
に触れるひとときでした。

これはもう、書いておかなくては、と
メモを残しておかなくては、という感じ。

どんなところにも
愛があり、
手を差し伸べてくれるような
大きな愛

お料理も、足るを知る、というか、
お腹いっぱいじゃなくて心が満たされて満足する、光の食事、でした。
澄み渡る
透き通る
クリアで立体的な味。
さすがでございます。。。。
ごちそうさまでした。

そして赤ちゃんとの対話ができる久美さん
何か聞きたいけど聞きたいことが思い浮かばず
気になっていた卒乳について聴いてみると
1歳5ヶ月くらいまでかなーと。

2カ月でやめるで、
じゃなくて
あと2カ月たっぷり飲んでね、
という卒乳へのアドバイス。

なるほど
思考の転換
ほんとに。
知らなくても生きていけるけど
知るとポンと膝をたたくような
望む自由な世界への入り口

久美さんのメディテーションの会
参加できまして感謝です

そしていつも思う。
これで救われるヒトが居そうな気がする、、
曖昧で解りにくい世界のことだけど
だからこそ
お勉強や知識としてというより
生きる知恵として、
たくさんの方に出逢ってもらいたいなと思う時間

病み上がりからの
激しい喜怒哀楽を
ひとしきり出しきり
いつもの次男に戻るまで見届けて(こちらへとへと)
清々しい感覚。

年が明けたのね

そう、もう整っているの (ここ肝心)

優しくないとか
乱暴者とか
あなたはカサカサ
などと言われる事で
自分を思い込むことで
深層心理へ擦り込まれる

望むことをことばにする様に。
気をつけよう。自分にも。

近くに久美さんが居てよかった。
久美さんに出会えてよかった。

https://www.instagram.com/0358morita/?hl=ja
#ハンドクリームは必需品
#感謝


2018-01-15
あたらしいことを始める


2018年より
念願のホメオパシー講座を開催してもらうことになりました。

長男の難病が劇的に回復したことをきっかけに
西洋医学だけではない、あたらしくて実は昔からあったであろう自然療法について
イチ母として、一人のメディア関係者としても
もっと知識を深めていきたいと思っています。

小さな商いを通して小さく慎ましく暮らすということも頭にはあるけれど
今はまだ仕事が続けられているので
こういったことはできる限りボランティアで運営したいと思いました。
楽しく気持ちよく健やかな心で細々と続けられたらと思っています。

まずはフライヤーを作りました。(自腹をアピールしているところが未だ未だですが)
営利目的だと途端に怪しく感じることってないですか?
だから非営利でやりたいなと。

たくさんの方にまずは存在を知っていただき、
困った時に思い出してもらえたら。
困った人に伝えてもらえたら。

医学で解明できない神秘や能力、可能性が人間には未だ未だあると思います。
可能性を信じて、そして時に諦めて方向を変えてみる勇気を持つことも忘れずに
孤独に負けそうになっても
少なくとも信頼できる仲間がいれば。。
目に見えないものと向き合うのは怖いけれど
そういう時に少しでも希望の光が見えるきっかけの一つになればと思います。

私もそうでした。
先生もそうだったとお聞きしました。
良い出逢いでありますように。

そして経験値のある良い先生がたくさん増えていきますように。

ホメオパシーの講座のご案内はこちら


2018-01-12
謹賀新年 2018

謹賀新年 2018
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2018年は私写真家歴20周年。

昨年中頃からずっと頭を離れなかった
「足るを知る」
を筆頭に
「愛」「楽しむ(魂が喜ぶことをする)」
を胸に

今までと変わらず「日々精進すること」
とのバランスを自分なりに探って行きたいと思います。

いろんな段階での出逢いの中で、人も時代も変化していきます。
タイミングがずれることもあるかもしれませんが自分に素直に正直に
感謝の気持ちを忘れず
仲良く暮らしてきたいと思います。

みなみなさまもすこやかに、こころ豊かな美しい日々となりますよう。

同じ時代この地球という星に共に暮らすことができている奇跡に感謝です。
本年もどうぞ宜しくお願いします。


2018-01-06
京都伊勢丹20周年記念イベント撮影


昨年2017年9月に20周年を迎えられました
ジェイアール京都伊勢丹さんの記念イベントの密着撮影を担当しました。
当日は川尾朋子さんの書のパフォーマンスや各会場の模様、特設会場の作品の数々など撮りどころも満載で撮影も楽しく走り回りました。
これからまた新たな20年を歩まれる門出にご一緒させていただき光栄でした。

写真は後日館内に展示された川尾朋ちゃんの書。
ここは世界につながっているなあ。